事務所は、眞鍋かをりに3億円の損害賠償を求めている。一方、眞鍋かをりは・・・


ココだけのはなしですが・・・



眞鍋かをりは事務所との契約関係不存在の確認を求める訴訟、事務所は眞鍋が業務拒否したと3億円の損害賠償を求める反訴。

そんな中、「事務所の実質オーナーと関係を持ったので番組に出演できたタレントがいる、と眞鍋さんは聞かされていた。」と眞鍋かをりの代理人弁護士が暴露


いわゆる「枕営業」話の暴露。

また事務所のスタッフが眞鍋を尾行したり、眞鍋の携帯を盗み見したりなどしていたという報道まである。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!