押尾学の獄中手記公開、執筆中に読んでいたのはこの本


芸能人として初の裁判員裁判を来月に控えている元俳優の押尾学被告。
東京拘置所内で50ページにわたる“獄中ノート”を綴っていたという。

7日発売の女性誌「エッジ・スタイル」(双葉社)が独占公開。

裁判員裁判を意識して、書いていた節があるそうですが、さすが俳優というべきでしょうか。

執筆中には話題のこんな本も読んでいたらしいです。ナルホド!


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!